北里研究所(読み)きたざとけんきゅうじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北里研究所
きたさとけんきゅうじょ

医学の研究所。1892年(明治25)ドイツ留学から帰国した細菌学者の北里柴三郎(しばさぶろう)は、福沢諭吉の協力を得て、東京・芝公園内に伝染病研究所を設立し、ここを拠点に研究活動を行い、1899年には同研究所は内務省管轄となった。1914年(大正3)大隈重信(おおくましげのぶ)内閣が突然、伝染病研究所を文部省に移管し、東京帝国大学の付属とすることを発表し、所長の北里はこれに抗議して辞職、職員全員も辞職した。そしてただちに私財をもって北里研究所を、芝白金(しろかね)三光(さんこう)町に設立、研究事業を継続し、1918年には社団法人となり、官立の研究所に対抗した。
 各種の疾病の原因、予防、治療に関する研究をはじめとして、診療、医療知識の普及と発達を図り、予防ワクチンや治療薬品類の製造および検査も行い、公衆衛生行政の指導者の養成なども研究所の目的としている。日本初の結核療養所である養生(ようじょう)園(1893設立)を前身とする付属病院、北里研究所50周年記念事業として構想された北里大学のほか、北里保健衛生専門学院、東洋医学総合研究所、生物機能研究所、医療環境科学センターなどを運営している。2008年(平成20)4月、社団法人北里研究所と学校法人北里大学は法人統合し、学校法人北里研究所になった。なお1915年建設の北里研究所本館は愛知県犬山市明治村に移築保存されている。研究所本部の所在地は東京都港区白金5-9-1。[藤野恒三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北里研究所の言及

【北里柴三郎】より

…94年香港に発生したペスト病調査に派遣され,現地にてペスト菌発見の報を公表したが,この北里菌をめぐって99年まで論争がつづく。伝研は99年国立の研究機関となり内務省の所管のもとにおかれたが,1914年さらに文部省の監督下に移り,東京大学の付属機関となるにおよんで,北里所長以下全職員が辞職し,私立北里研究所(芝白金三光町)を興した。17年慶応義塾大学医学科が創設されると医学科長に招かれ,官学に対する独自の学風を築いた。…

※「北里研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北里研究所の関連情報