コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮氏綱 うつのみや うじつな

2件 の用語解説(宇都宮氏綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮氏綱 うつのみや-うじつな

1326-1370 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)元年生まれ。南朝方であった父公綱(きんつな)に対し足利方に属した。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏につき,越後(えちご)(新潟県),上野(こうずけ)(群馬県)の守護となる。のち上杉憲顕と対立し,憲顕をささえる足利基氏,ついで足利氏満とたたかい降伏した。応安3=正平(しょうへい)25年7月5日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都宮氏綱
うつのみやうじつな
(1326―1370)

南北朝時代の下野(しもつけ)(栃木県)の武将。公綱(きんつな)の子、母は千葉宗胤(むねたね)の女(むすめ)。幼名加賀寿丸。四郎と称し、下野守(かみ)、伊予守、従(じゅ)五位下。南齢庵と号す。1337年(延元2・建武4)奥州の北畠顕家(きたばたけあきいえ)が大軍を率いて西上すると、家臣の芳賀高名(はがたかな)とともに宇都宮城によって抗戦した。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)(1350~52)には足利尊氏(あしかがたかうじ)方に属し、恩賞として越後(えちご)(新潟県)・上野(こうずけ)(群馬県)の守護に補任(ぶにん)された。越後守護代は、高名の子高家(たかいえ)、高貞(たかさだ)。氏綱、高名は、上杉憲顕(うえすぎのりあき)の越後守護復帰を阻止しようとしたため、関東公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)の軍勢に攻められ、いったん降伏するが、68年(正平23・応安1)武蔵(むさし)の平一揆(へいいっき)と結び、ふたたび反し、公方氏満(うじみつ)によって宇都宮城は攻落された。翌々年7月5日没。法名元山禅綱。[新川武紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇都宮氏綱の言及

【上野国】より

…まもなく直義は殺されるが,直義党の上杉憲顕らは南朝方の新田義興・義宗と結んで蜂起し,尊氏方と戦い(武蔵野合戦),敗北して越後に逃れる。尊氏は宇都宮氏綱を上野・越後の守護に任命し,宇都宮氏は約10年間上野・越後を支配するが,上杉氏と結ぶ在地武士の反抗で支配は安定しなかった。やがて63年(正平18∥貞治2)鎌倉公方足利基氏の要請で上杉氏は関東に復帰し,宇都宮氏綱を圧迫して上野守護となる。…

【下野国】より

… 50年(正平5∥観応1)足利尊氏・直義兄弟が対立した観応の擾乱(じようらん)は,東国社会にも深刻な影響を与えた。宇都宮氏綱は芳賀禅可(はがぜんか)(高名)とともに尊氏方に属して翌51年駿州薩埵山の戦で活躍し,賞として上野,越後の守護職に補任され,芳賀高名の子高家・高貞が越後守護代となった。ところが63年(正平18∥貞治2)鎌倉公方足利基氏の力添えで上杉憲顕が関東管領・越後守護に復帰し,氏綱は武力で阻止しようとして敗れ,68年(正平23∥応安1)武蔵の平一揆(川越,江戸,豊島氏等)と結んで再度兵を挙げた。…

※「宇都宮氏綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇都宮氏綱の関連キーワード北斉阿蘇惟政伊賀兼長斯波兼頼南部政行船田経政松浦定山名氏冬結城朝常由良光氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone