コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮泰綱 うつのみや やすつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮泰綱 うつのみや-やすつな

1203-1261 鎌倉時代の武将,歌人。
建仁(けんにん)3年生まれ。宇都宮頼綱の子。母は北条時政の娘。下野(しもつけ)(栃木県)宇都宮城主。寛元元年から死去するまでの18年間評定衆をつとめた。建長のころ美濃(みの)守護となる。和歌,蹴鞠(けまり)にすぐれ,その歌は「続拾遺和歌集」「玉葉和歌集」などにおさめられている。弘長(こうちょう)元年11月1日死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇都宮泰綱

没年:弘長1.11.1(1261.11.24)
生年:建仁3(1203)
鎌倉時代の武将,歌人。宇都宮頼綱の子。母は北条時政の娘。下野守・正五位下,美濃国守護職などを歴任。鎌倉幕府に仕えて重用され寛元1(1243)年より没年まで18年間評定衆を務めた。幾度か上京しており,父頼綱らと共に藤原定家をはじめとする御子左家と親しかった。定家は泰綱に『古今集』を書写して与えている。多数の歌書を書写した西山往生院の承空はその子で,父祖同様浄土宗西山派に属する。他に景綱,北条経時の室などの子女がある。宇都宮歌壇の代表歌人で『新和歌集』に42首入集し,勅撰歌人でもある。また蹴鞠にも秀でていた。父頼綱と共に宇都宮氏の隆盛に力を尽くした。

(田渕句美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

宇都宮泰綱の関連キーワード宇都宮景綱

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android