守敏(読み)しゅびん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守敏 しゅびん

?-? 平安時代前期の僧。
真言宗。大和(奈良県)石淵寺の勤操(ごんぞう)らに三論,法相(ほっそう)をまなび,密教にも通じた。弘仁(こうにん)14年(823)嵯峨(さが)天皇より空海東寺,守敏に西寺がおくられた。翌年,神泉苑での祈雨で空海と法力をきそったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android