コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守理入道親王 しゅりにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(守理入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守理入道親王 しゅりにゅうどうしんのう

1558-? 戦国-織豊時代,邦輔(くにすけ)親王の第5王子。
永禄(えいろく)元年生まれ。7年親王となり,師秀と名のる。8年正親町(おおぎまち)天皇の猶子となり,仁和寺にはいって任助(にんじょ)入道親王の弟子となる。まもなく辞し,一露(一老)と号して隠棲(いんせい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

守理入道親王の関連キーワード織豊時代浅利政吉安藤惟実石津屋宗嬰兼道(1)邦輔親王訓谷沢水州翁寿欣東沢居士吉田意休