守理入道親王(読み)しゅりにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守理入道親王 しゅりにゅうどうしんのう

1558-? 戦国-織豊時代,邦輔(くにすけ)親王の第5王子。
永禄(えいろく)元年生まれ。7年親王となり,師秀と名のる。8年正親町(おおぎまち)天皇の猶子となり,仁和寺にはいって任助(にんじょ)入道親王の弟子となる。まもなく辞し,一露(一老)と号して隠棲(いんせい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android