コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守脩親王 もりおさしんのう

1件 の用語解説(守脩親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守脩親王 もりおさしんのう

1819-1881 江戸後期-明治時代の皇族。
文政2年10月29日生まれ。貞敬(さだよし)親王の第10王子。光格天皇の養子となり,天保(てんぽう)4年親王。円満院門跡(もんぜき),梶井門跡をつぎ,安政6年天台座主(ざす)。王政復古により還俗(げんぞく)して梶井宮を称し,明治3年改称して梨本宮家を創立した。明治14年9月1日死去。63歳。法名は覚諄,昌仁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

守脩親王の関連キーワードルーマニア文学アメリカ美術アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone