守脩親王(読み)もりおさしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守脩親王 もりおさしんのう

1819-1881 江戸後期-明治時代の皇族。
文政2年10月29日生まれ。貞敬(さだよし)親王の第10王子。光格天皇養子となり,天保(てんぽう)4年親王。円満院門跡(もんぜき),梶井門跡つぎ,安政6年天台座主(ざす)。王政復古により還俗(げんぞく)して梶井宮を称し,明治3年改称して梨本宮家を創立した。明治14年9月1日死去。63歳。法名は覚諄,昌仁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

守脩親王 (もりおさしんのう)

生年月日:1819年10月29日
江戸時代;明治時代の皇族
1881年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android