コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守部大隅 もりべの おおすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守部大隅 もりべの-おおすみ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
氏姓ははじめ鍛冶造(かぬちのみやつこ)。大宝律令撰定に参加。養老5年(721)の賞賜では,経学の第一人者として名をあげられた。神亀(じんき)5年(728)守部連(むらじ)の氏姓をあたえられる。正五位上,大学博士。宿儒として名がたかかった。名は大角ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守部大隅

生年:生没年不詳
奈良時代官人,学者。名は大角とも書く。本姓は鍛師(鍛,鍛冶)造 であるが,神亀5(728)年守部連の姓を与えられた。律令や儒教の学に優れ,大宝律令の編纂者のひとりとして,文武4(700)年に褒賞を受けている。養老・神亀年間(717~729)に刑部少輔,明経第一博士などの地位にあり,学業に優秀で師範となすべき人として,賞せられた。神亀5(728)年おそらく老齢のため引退を願い出たが,詔あって許されなかった。神亀年間,令師,宿儒と称されていることからも重鎮ぶりがうかがえる。人柄も極めて清慎であった。

(東野治之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

守部大隅の関連キーワード鍛冶大隅生年

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android