コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守部大隅 もりべの おおすみ

2件 の用語解説(守部大隅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守部大隅 もりべの-おおすみ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
氏姓ははじめ鍛冶造(かぬちのみやつこ)。大宝律令の撰定に参加。養老5年(721)の賞賜では,経学の第一人者として名をあげられた。神亀(じんき)5年(728)守部連(むらじ)の氏姓をあたえられる。正五位上,大学博士。宿儒として名がたかかった。名は大角ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守部大隅

生年:生没年不詳
奈良時代の官人,学者。名は大角とも書く。本姓は鍛師(鍛,鍛冶)造 であるが,神亀5(728)年守部連の姓を与えられた。律令や儒教の学に優れ,大宝律令の編纂者のひとりとして,文武4(700)年に褒賞を受けている。養老・神亀年間(717~729)に刑部少輔,明経第一博士などの地位にあり,学業に優秀で師範となすべき人として,賞せられた。神亀5(728)年おそらく老齢のため引退を願い出たが,詔あって許されなかった。神亀年間,令師,宿儒と称されていることからも重鎮ぶりがうかがえる。人柄も極めて清慎であった。

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone