コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井頼可 やすい よりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井頼可 やすい-よりよし

1785-1837 江戸時代後期の医師,書家。
天明5年生まれ。大炊御門(おおいみかど)家の家臣の子。近江(おうみ)(滋賀県)日野の安井頼重の養子となり,医業をつぐ。書道にもすぐれ,おおくの門人をそだてた。天保(てんぽう)8年3月4日死去。53歳。本姓は小倉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安井頼可の関連キーワードベルトレ電信三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android