安保改定時の密約(読み)アンポカイテイジノミツヤク

デジタル大辞泉「安保改定時の密約」の解説

あんぽかいていじ‐の‐みつやく【安保改定時の密約】

昭和35年(1960)1月の日米安保条約改定の際に日米政府間で交わされた合意・密約のこと。平成21年(2009)9月から平成22年(2010)3月にかけて外務省の調査チームと有識者委員会がそれぞれ調査・検証を行った。→密約問題
[補説]核持ち込みに関する密約。→核持ち込み密約
朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行動に関する密約。→朝鮮半島有事密約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android