コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核持(ち)込み密約 カクモチコミミツヤク

1件 の用語解説(核持(ち)込み密約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくもちこみ‐みつやく【核持(ち)込み密約】

日米間で交わされた、米軍による日本への核兵器持ち込みに関する合意・密約のこと。平成21年(2009)9月から平成22年(2010)3月にかけて外務省の調査チーム有識者委員会がそれぞれ調査・検証を行った。核密約。→密約問題
昭和35年(1960)の日米安保条約改定時の核持ち込みに関する密約。米国政府は核兵器の所在について否定も肯定もしない(NCND)政策をとる一方、日本政府もあえて核搭載艦の一時寄港を事前協議の対象とするよう正式には求めなかった。その結果、核兵器を搭載した米軍の艦船・航空機が事前協議なしに立ち寄ったとしても、日本側は抗議しないという暗黙の合意が形成された、として、有識者委員会は広義の密約があったと結論づけた。
昭和47年(1972)の沖縄返還時の核持ち込みに関する密約。→沖縄返還密約1

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核持(ち)込み密約の関連キーワード在日米軍地位協定朝鮮半島有事密約在日米軍再編計画米軍岩国基地への空母艦載機移転計画核持ち込みをめぐる日米密約核持ち込みをめぐる日米間の密約核持ち込み密約日米間の密約在日米軍の軍属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone