核持込み密約(読み)カクモチコミミツヤク

デジタル大辞泉「核持込み密約」の解説

かくもちこみ‐みつやく【核持(ち)込み密約】

日米間で交わされた、米軍による日本への核兵器の持ち込みに関する合意・密約のこと。平成21年(2009)9月から平成22年(2010)3月にかけて外務省の調査チームと有識者委員会がそれぞれ調査・検証を行った。核密約。→密約問題
昭和35年(1960)の日米安保条約改定時の核持ち込みに関する密約。米国政府は核兵器の所在について否定も肯定もしない(NCND)政策をとる一方、日本政府もあえて核搭載艦の一時寄港を事前協議の対象とするよう正式には求めなかった。その結果、核兵器を搭載した米軍の艦船・航空機が事前協議なしに立ち寄ったとしても、日本側は抗議しないという暗黙の合意が形成された、として、有識者委員会は広義の密約があったと結論づけた。
昭和47年(1972)の沖縄返還時の核持ち込みに関する密約。→沖縄返還密約1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android