コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密約問題 ミツヤクモンダイ

1件 の用語解説(密約問題の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつやく‐もんだい【密約問題】

日本への核持ち込み在日米軍の有事出撃などをめぐって日米間で密約が交わされていたとされる問題。鳩山由紀夫内閣の外務大臣岡田克也の指示により、平成21年(2009)9月から平成22年(2010)3月にかけて、外務省の内部調査チームおよび有識者委員会による調査・検証作業が行われた。対象となったのは、(1)昭和35年(1960)1月の安保条約改定時の核持ち込み(→核持ち込み密約1)、(2)同じく安保条約改定時の朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行動(→朝鮮半島有事密約)、(3)昭和47年(1972)の沖縄返還時の有事の際の核持ち込み(→沖縄返還密約1)、(4)同じく原状回復補償費の肩代わり(→沖縄返還密約2)、に関する四つの密約。外務省に保存されていた日米安保関係のファイル2694冊、沖縄返還関係のファイル571冊、在米大使館に存在するファイル約400冊が精査されたほか、外部有識者委員会が独自に収集した資料、関係者へのインタビューなどをもとに検証が行われた。外務省の調査チームは、安保条約改定時の在日米軍の有事出撃についてのみ密約があったと認定。これに対して有識者委員会は、在日米軍の有事出撃について密約と断定したほか、安保条約改定時の核持ち込みと沖縄返還時の原状回復補償費肩代わりについては広義の密約が存在したと判断。沖縄返還時の核持ち込みについては、必ずしも密約とは言えないと結論づけた。同委員会は、事実の解明に必要な文書が発見されなかったり、文書の重要部分に不自然な欠落があったことなども指摘している。
[補説]他にもさまざまな密約の存在が明らかになっている。
沖縄返還時の無利子預金密約は、日本政府が米国に対し、沖縄返還協定に明記された負担額を超える内容・額の負担を提供する約束をしていたというもの。米国の公文書公開によって明らかになり、平成22年(2010)3月に財務省が調査。日本政府と日銀は平成11年(1999)までの25年間に合計1億ドル以上を米国ニューヨーク連邦準備銀行に預金。利子を受け取らず、運用益を米国側に提供していたことが判明した。
また日米地位協定をめぐっては、日本政府が在日米軍に対して、重要案件以外の裁判権を放棄する密約を結んでいたことを示す記述を含む公文書が米国で発見されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

密約問題の関連キーワード在日米軍安保改定時の密約NCND核持込み密約在日米軍再編核持ち込みをめぐる日米密約核持ち込みをめぐる日米間の密約核持ち込み密約日米間の密約在日米軍の軍属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密約問題の関連情報