コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮半島有事密約 チョウセンハントウユウジミツヤク

デジタル大辞泉の解説

ちょうせんはんとうゆうじ‐みつやく〔テウセンハンタウイウジ‐〕【朝鮮半島有事密約】

昭和35年(1960)1月の日米安保条約改定の際に日米政府間で交わされた密約。朝鮮半島で有事が発生した場合、在日米軍が日本国内の米軍基地を使用して事前協議なしに直ちに出撃できるとした。平成21年(2009)9月から平成22年(2010)3月にかけて外務省の調査チームと有識者委員会がそれぞれ調査・検証を行った密約問題の一つ。密約の内容を裏付ける議事録が発見されたことから、調査チーム・有識者委員会とも密約があったことを認定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝鮮半島有事密約の関連キーワード安保改定時の密約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android