安保清康(読み)あぼ きよやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安保清康 あぼ-きよやす

1843-1909 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)14年1月1日生まれ。長崎で英学をおさめ,イギリス軍艦にのりこみ海軍の軍学をまなぶ。慶応2年鹿児島藩で航海術をおしえ,同藩の春日艦の艦長。維新後兵部省にはいり,明治23年海軍中将,28年呉鎮守府長官。明治42年10月27日死去。67歳。備後(びんご)(広島県)出身。旧姓は林。通称は謙三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安保清康

没年:明治42.10.27(1909)
生年:天保14.1.1(1843.1.30)
明治期の海軍軍人。旧姓林,通称謙三。安芸国安保村(広島県向島町)出身。12歳で広島に出て漢学,医学を学んだ。万延1(1860)年長崎で英学を修め,英国軍艦に乗り組む。慶応2(1866)年小松帯刀,西郷隆盛に請われて鹿児島(薩摩)藩海軍の養成に携わる。同藩の「春日」艦長となり,幕府の「回陽」艦を破り,奥羽北越に転戦。明治2(1869)年兵部権少丞となり,海軍の創業に携わる。佐賀の乱鎮圧,台湾出兵に従う。23年中将に進み,佐世保鎮守府長官。29年男爵となり,安保と改称。浜口・若槻両内閣の海軍大臣安保清種は養子。<参考文献>玉井源作『芸備先哲伝』,手島益雄『安芸備後両国偉人伝』

(影山好一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android