コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保清康 あぼ きよやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安保清康 あぼ-きよやす

1843-1909 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)14年1月1日生まれ。長崎で英学をおさめ,イギリス軍艦にのりこみ海軍の軍学をまなぶ。慶応2年鹿児島藩で航海術をおしえ,同藩の春日艦の艦長。維新後兵部省にはいり,明治23年海軍中将,28年呉鎮守府長官。明治42年10月27日死去。67歳。備後(びんご)(広島県)出身。旧姓は林。通称は謙三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安保清康

没年:明治42.10.27(1909)
生年:天保14.1.1(1843.1.30)
明治期の海軍軍人。旧姓林,通称謙三。安芸国安保村(広島県向島町)出身。12歳で広島に出て漢学,医学を学んだ。万延1(1860)年長崎で英学を修め,英国軍艦に乗り組む。慶応2(1866)年小松帯刀,西郷隆盛に請われて鹿児島(薩摩)藩海軍の養成に携わる。同藩の「春日」艦長となり,幕府の「回陽」艦を破り,奥羽北越に転戦。明治2(1869)年兵部権少丞となり,海軍の創業に携わる。佐賀の乱鎮圧,台湾出兵に従う。23年中将に進み,佐世保鎮守府長官。29年男爵となり,安保と改称。浜口・若槻両内閣の海軍大臣安保清種は養子。<参考文献>玉井源作『芸備先哲伝』,手島益雄『安芸備後両国偉人伝』

(影山好一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

安保清康の関連キーワード林謙三(2)安保 清種明治時代武士幕末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android