コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保清康 あぼ きよやす

2件 の用語解説(安保清康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安保清康 あぼ-きよやす

1843-1909 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)14年1月1日生まれ。長崎で英学をおさめ,イギリス軍艦にのりこみ海軍の軍学をまなぶ。慶応2年鹿児島藩で航海術をおしえ,同藩の春日艦の艦長。維新後兵部省にはいり,明治23年海軍中将,28年呉鎮守府長官。明治42年10月27日死去。67歳。備後(びんご)(広島県)出身。旧姓は林。通称は謙三。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安保清康

没年:明治42.10.27(1909)
生年:天保14.1.1(1843.1.30)
明治期の海軍軍人。旧姓林,通称謙三。安芸国安保村(広島県向島町)出身。12歳で広島に出て漢学,医学を学んだ。万延1(1860)年長崎で英学を修め,英国軍艦に乗り組む。慶応2(1866)年小松帯刀,西郷隆盛に請われて鹿児島(薩摩)藩海軍の養成に携わる。同藩の「春日」艦長となり,幕府の「回陽」艦を破り,奥羽北越に転戦。明治2(1869)年兵部権少丞となり,海軍の創業に携わる。佐賀の乱鎮圧,台湾出兵に従う。23年中将に進み,佐世保鎮守府長官。29年男爵となり,安保と改称。浜口・若槻両内閣の海軍大臣安保清種は養子。<参考文献>玉井源作『芸備先哲伝』,手島益雄『安芸備後両国偉人伝』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安保清康の関連キーワード徳川達成海軍省広瀬武夫石倉俊寛実吉安純鶴田鹿吉平野勇堀内三郎吉河為久蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone