安全ピン(読み)あんぜんピン

精選版 日本国語大辞典「安全ピン」の解説

あんぜん‐ピン【安全ピン】

〘名〙 (ピンpin) 長楕円形に曲げた針先を金具などで覆い、体を傷つけないようにした留め
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉二「安全ピンを持って来てくれたので、の方はそれでとめた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安全ピン」の解説

あんぜん‐ピン【安全ピン】

楕円形に曲げ、危険な針先を覆い隠した留め針。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「安全ピン」の解説

あんぜんピン【安全ピン】

衣服などにものをとめつけるのに使う鉤状の留金つきのピン。ピンの先端が固定され,力を入れないと開かないので安全である。つき刺したピンが抜けないよう先端を留めるくふうは太古からあり,その原理が安全ピンにもつながるが,現在のような形は,1849年アメリカ人発明家W.ハントが考案した。彼はとったパテントを売って借金返済にあてたといわれ,ニューヨークで商品化された。【殖田 友子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android