コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安原貞平 やすはら さだひら

1件 の用語解説(安原貞平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原貞平 やすはら-さだひら

1698-1780 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)11年生まれ。安原方斎の兄。京都で伊藤東涯にまなぶ。享保(きょうほう)17年信濃(しなの)(長野県)上田藩につかえ,のち藩主松平忠順(ただより)の側役(そばやく)となる。宝暦11年の農民一揆(いっき)を収拾。安永9年10月27日死去。83歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。字(あざな)は伯亨。通称は太郎。号は省所,霖寰(りんかん)。著作に「輿窓(よそう)随筆」「霖寰詩文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安原貞平の関連キーワードクライアー福山藩ティチング前古典派音楽伊藤信徳宇野明霞木下順庵傾城浅間嶽佐々十竹続猿蓑

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone