コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田藩 うえだはん

5件 の用語解説(上田藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上田藩
うえだはん

江戸時代,信濃国 (長野県) 小県 (ちいさがた) 郡上田地方を領有した藩。慶長5 (1600) 年真田 (さなだ) 昌幸は除封されたが,翌年関ヶ原の戦いで東軍に参加した長子真田信之が上野 (群馬県) 沼田より9万 5000石で入封して所領を維持し,大坂の陣後 13万石となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上田藩【うえだはん】

信濃(しなの)国上田に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。関ヶ原の戦後真田信之(さなだのぶゆき)が在封,その後仙石氏,1706年からは松平(藤井)氏が在封。領知高約3万8000石〜6万石。
→関連項目信濃国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

うえだはん【上田藩】

江戸時代信濃(しなの)国小県(ちいさがた)郡上田(現、長野県上田市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は明倫堂(めいりんどう)。当地の豪族真田昌幸(さなだまさゆき)は1584年(天正(てんしょう)12)に上田城を築城。関ヶ原の戦では、昌幸と次男の信繁(のぶしげ)(真田幸村(ゆきむら))が西軍につき、長男の信之(のぶゆき)は東軍についた。その結果、昌幸と信繁は紀伊(きい)国 九度山(くどやま)に幽閉となり、上田領は信之に与えられた。信之は本領の上野(こうずけ)国沼田2万7000石に上田周辺6万8000石、合わせて9万5000石を領した。しかし、1622年(元和(げんな)8)、幕命で松代藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となり、代わって、小諸藩から仙石忠政(せんごくただまさ)が6万石で入った。仙石氏3代のあと、領地交換のかたちで、但馬(たじま)国出石(いずし)藩から譜代の松平(藤井)忠周(ただちか)が5万8000石で入った。以後明治維新まで松平氏7代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、上田県を経て長野県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえだはん【上田藩】

信濃国(長野県)上田に藩庁を置いた譜代中藩。この地方出身の土豪真田昌幸が,1584年(天正12)上田に城を築き,翌年豊臣秀吉に随身することによって領主の地位を安定させた。これが上田藩の起りである。関ヶ原の戦には,昌幸と次男信繁(幸村)は西軍に属し,中山道を進もうとする徳川秀忠軍3万余を釘づけにして武名をあげたが,戦後は紀州の九度山に幽閉され,上田領は長男信之に与えられた。信之は父弟と分かれ,東軍に従って功があったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上田藩
うえだはん

信濃(しなの)国上田城(長野県上田市)を居城として東信地方を領有した藩。1583年(天正11)真田昌幸(さなだまさゆき)が築城し、城下町を形づくった。関ヶ原の戦い後、かわって長男信之(のぶゆき)が小県(ちいさがた)郡6万8000石(ほかに上州沼田領)を与えられた。1622年(元和8)信之は松代(まつしろ)へ転封、小諸(こもろ)から仙石忠政(せんごくただまさ)が飛地(とびち)川中島1万石を含む6万石で入封した。69年(寛文9)矢沢2000石を分知。政俊(まさとし)、政明と藩体制を確立し、1706年(宝永3)但馬(たじま)国(兵庫県)出石(いずし)へ移封、その出石から松平忠周(ただちか)が5万8000石で入った。2代忠愛(ただざね)の1728年(享保13)川中島5000石を分知。以後忠順(ただより)、忠済(ただまさ)、忠学(たださと)、忠優(ただます)、忠礼(ただなり)と襲封、廃藩に至る。真田氏以来貫高(かんだか)制を踏襲している。1761年(宝暦11)の全藩一揆(いっき)、1869年(明治2)の世直し一揆は著名。藩が保護統制した特産物に上田縞(じま)、上田紬(つむぎ)、上田蚕種(たね)がある。1871年上田県を経て長野県に統合された。[古川貞雄]
『『新編物語藩史 第4巻』(1976・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田藩の関連キーワード信濃信濃路しなの長野県小県郡長門〈町〉小県盆地稲野信濃他田大島小村松庵斎藤邦矩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上田藩の関連情報