安国(読み)あんこく(英語表記)An-guo; An-Kuo

デジタル大辞泉の解説

あん‐こく【安国】

国家を平穏に治めること。また、平穏な国。
利民―のことは」〈中華若木詩抄・下〉

やす‐くに【安国】

平和な国。
「四方(よも)の国を―と平らけく知ろしめすが故に」〈祝詞・祈年祭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんこく【安国】

国を安らかで平穏にすること。また、平穏な国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐こく【安国】

〘名〙 国を平穏に治めること。また、その国。
※三国伝記(1407‐46頃か)一〇「儲王接家の間に利世安国の器に相当り給へるを」 〔墨子‐号令〕

やす‐くに【安国】

〘名〙 やすらかな国。太平に治まっている国。
延喜式(927)祝詞(出雲板訓)「四方(よも)の国(くに)を安国(ヤスクニ)と平(たひらけ)く知食(しろしめ)すが故に」

やすくに【安国】

[一] 江戸時代、享保年間(一七一六‐三六)の刀工、武蔵太郎安国。
[二] 薩摩国の刀工、波平大和守平安国。正徳一七一一‐一六)頃の人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android