コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安富泰治 やすとみ やすはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安富泰治 やすとみ-やすはる

?-1359 鎌倉-南北朝時代の武将。
安富泰重の従兄弟。肥後(熊本県)岩崎村の地頭。元弘(げんこう)の乱では大友貞宗(さだむね)らにしたがい,鎮西(ちんぜい)探題赤橋英時(ひでとき)を攻める。延文4=正平(しょうへい)14年8月筑後(ちくご)(福岡県)大保原の戦いで南朝方の菊池武光とともに少弐頼尚(しょうに-よりひさ)とたたかい,討ち死にした。通称は孫三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安富泰治の関連キーワード南北朝時代安富泰重

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android