コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利氏満 あしかがうじみつ

7件 の用語解説(足利氏満の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利氏満
あしかがうじみつ

[生]正平14=延文4(1359)
[没]応永5(1398).11.4. 鎌倉
南北朝時代の武将。第2代鎌倉公方 (1367~98) 。基氏の子。正平 23=応安1 (68) 年,武蔵平一揆および新田氏の残党を討つ。天授4=永和4 (78) 年将軍義満の失政につけこんで,これに代ろうとして事を起したが,関東管領上杉憲春の諫死により中止した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐うじみつ〔‐うぢみつ〕【足利氏満】

[1359~1398]南北朝時代の武将。基氏の子。鎌倉公方(くぼう)。将軍義満を除こうとしたが、執事上杉憲春の諫死(かんし)により中止。以後は関東・奥羽の支配に努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利氏満 あしかが-うじみつ

1359-1398 南北朝-室町時代の武将。
延文4=正平(しょうへい)14年生まれ。足利基氏(もとうじ)の長男。貞治(じょうじ)6=正平22年父の跡をついで2代鎌倉公方(くぼう)となる。康暦元=天授5年管領(かんれい)細川頼之(よりゆき)排斥事件を機に,3代将軍足利義満にかわり将軍職をえようとしたが,関東管領上杉憲春(のりはる)の諫死(かんし)によって断念。後年陸奥(むつ),出羽(でわ)の支配権をあたえられた。応永5年11月4日死去。40歳。幼名は金王丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利氏満

没年:応永5.11.4(1398.12.12)
生年:延文4/正平14(1359)
南北朝・室町時代の武将。基氏の子。幼名金王丸。貞治6/正平22(1367)年,父の死により2代鎌倉公方となる。翌年,敵対する武蔵河越の国人一揆である平一揆を討ち,続いてこれにくみした下野の宇都宮氏綱を降参させている。応安2/正平24年元服し,将軍足利義満の諱の1字を受けて氏満と称した。以後氏満は鎌倉府分国支配の安定のため,比較的独立を保っていた有力領主層の抑圧に努める。特に康暦2/天授6(1380)年,下野の小山義政宇都宮基綱の私闘を巡っては,基綱を敗死させた義政を追討し,義政は3度にわたる反乱の末自殺を遂げた(小山氏の乱)。乱自体はその後も義政の遺児若犬丸に引き継がれることになるが,これにより関東管領上杉氏と鎌倉府近臣を基軸とする支配体制が一応確立された。一方室町幕府との関係では,細川頼之が管領の座を追われた康暦1/天授5年の康暦の政変に際し義満の打倒を策したものの,関東管領上杉憲春の諫死により思いとどまっている。また明徳3/元中9(1392)年には幕府分国の陸奥・出羽両国を移譲されたが,これは,奥州を拠点に策動する若犬丸鎮圧を名目とした氏満の執拗な要求に,幕府が応じたものであろう。しかし鎌倉府による現実の奥羽支配は鎌倉府牽制という幕府の方針もあってか,奥州探題の斯波氏に大きく依存することとなった。

(江田郁夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがうじみつ【足利氏満】

1359‐98(正平14∥延文4‐応永5)
南北朝時代の武将。足利基氏の子。鎌倉公方(くぼう)2代。幼名は金王丸。1369年(正平24∥応安2)元服,将軍義満の偏諱(へんき)を受けて氏満と称す。従五位下,左馬頭,のち従四位下左兵衛督に進む。68年の武蔵河越合戦と80年(天授6∥康暦2)以降の小山義政・若犬丸の乱を鎮圧し,東国における鎌倉公方足利氏の支配権を確立した。またその間の79年管領細川頼之排斥事件(康暦の政変)に関係し,将軍義満にとって代わろうとしたが,時の関東管領上杉憲春の諫死で思いとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがうじみつ【足利氏満】

1359~1398) 室町時代の武将。二代鎌倉公方。基氏の子。足利義満の打倒を画策したが、管領上杉憲春のりはるの諫死かんしにより阻止される。のち、関東の平定につとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利氏満
あしかがうじみつ
(1359―1398)

南北朝~室町初期の武将。鎌倉公方(くぼう)第2代。幼名金王丸。基氏(もとうじ)の子。1367年(正平22・貞治6)基氏の後を継ぎ9歳で鎌倉公方となる。1369年元服して氏満と称す。1379年(天授5・康暦1)氏満は将軍義満(よしみつ)にかわって将軍となろうと画策したが、関東管領(かんとうかんれい)上杉憲春(うえすぎのりはる)の諫死(かんし)により、その野心を遂げることができなかった。氏満時代は北関東において連続的に戦乱が続いたが、北関東の豪族層を圧し、1392年(元中9・明徳3)には陸奥(むつ)、出羽(でわ)両国も鎌倉府の管轄下に入った。応永(おうえい)5年11月4日没。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利氏満の言及

【鎌倉公方】より

…室町幕府による東国支配のために鎌倉に置かれた政庁である鎌倉府の長官。関東公方(くぼう)ともいう。足利氏の東国支配は,1333年(元弘3)12月建武政権下で足利直義が〈関東十ヵ国〉(相模,武蔵,上野,下野,上総,下総,安房,常陸,伊豆,甲斐)の支配をゆだねられ後醍醐天皇の皇子成良親王を奉じて鎌倉に入ったことにはじまる(鎌倉将軍府)。足利尊氏は,36年(延元1∥建武3)11月京都に幕府を開いたが,その嫡子義詮を鎌倉にとどめ,これを〈鎌倉御所(鎌倉公方)〉とし,そのもとに関東管領を配置して東国の政治一般にあたらせた。…

【下野国】より

…氏綱の後を継いだ基綱は80年(天授6∥康暦2)下野守護小山義政と対立して殺された。鎌倉公方足利氏満はただちに関東の諸将に義政追討を命じ,義政は鷲城,祇園城,粕尾城などに拠って抗戦したが,82年(弘和2∥永徳2)自害し,ここに名族小山氏は断絶した。公方氏満は名族の断絶を惜しみ,同族の結城基光の次男泰朝をして再興させた。…

※「足利氏満」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利氏満の関連キーワード菊池兼朝吉良俊氏五条良量相良前頼宗頼茂伊達範宗東師氏長瀬泰貞仁木義員三浦高連

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利氏満の関連情報