コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安川雄之助 やすかわ ゆうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安川雄之助 やすかわ-ゆうのすけ

1870-1944 大正-昭和時代前期の実業家。
明治3年4月4日生まれ。23年三井物産にはいり,大正7年常務。東洋レーヨン(現東レ),三機工業などの設立をすすめ,三井物産の製造部門進出につくす。三井合名理事。退職後は東洋拓殖総裁。昭和19年2月13日死去。75歳。京都出身。大阪商業(現大阪市立大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安川雄之助
やすかわゆうのすけ
(1870―1944)

実業家。京都府生まれ。1890年(明治23)大阪商業学校卒業後、三井物産に入社。天津(てんしん)支店長、満州営業部長、大連支店長を経て、1914年(大正3)本店営業部長となる。18年取締役、さらに常務取締役となり、24年筆頭常務に就任。「カミソリ安」「物産の安川」といわれ、製造部門への進出による東洋レーヨン、三機工業などの設立や外国間貿易の積極化によって三井物産の発展に貢献した。三井合名会社理事にもなる。だが、営利に徹した姿勢が批判され、財閥批判に対応して三井合名常務理事池田成彬(せいひん)が断行した三井改革の過程で34年(昭和9)物産を退いた。東洋レーヨン会長、東洋拓殖会社総裁などを歴任。[前田和利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安川雄之助の関連キーワード毛織物工業実業家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android