コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安川雄之助 やすかわ ゆうのすけ

2件 の用語解説(安川雄之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安川雄之助 やすかわ-ゆうのすけ

1870-1944 大正-昭和時代前期の実業家。
明治3年4月4日生まれ。23年三井物産にはいり,大正7年常務。東洋レーヨン(現東レ),三機工業などの設立をすすめ,三井物産の製造部門進出につくす。三井合名理事。退職後は東洋拓殖総裁。昭和19年2月13日死去。75歳。京都出身。大阪商業(現大阪市立大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安川雄之助
やすかわゆうのすけ
(1870―1944)

実業家。京都府生まれ。1890年(明治23)大阪商業学校卒業後、三井物産に入社。天津(てんしん)支店長、満州営業部長、大連支店長を経て、1914年(大正3)本店営業部長となる。18年取締役、さらに常務取締役となり、24年筆頭常務に就任。「カミソリ安」「物産の安川」といわれ、製造部門への進出による東洋レーヨン、三機工業などの設立や外国間貿易の積極化によって三井物産の発展に貢献した。三井合名会社理事にもなる。だが、営利に徹した姿勢が批判され、財閥批判に対応して三井合名常務理事池田成彬(せいひん)が断行した三井改革の過程で34年(昭和9)物産を退いた。東洋レーヨン会長、東洋拓殖会社総裁などを歴任。[前田和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安川雄之助の関連キーワード鹿熊久安川島立男九条道実志賀山せい(6代)田村てる(初代)西健原文次郎堀内良平三木猪太郎望月重雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone