安息香酸ナトリウムカフェイン(読み)あんそくこうさんナトリウムカフェイン

百科事典マイペディアの解説

安息香酸ナトリウムカフェイン【あんそくこうさんナトリウムカフェイン】

アンナカとも。カフェインと安息香酸ナトリウムとの塩複合体。興奮・強心・利尿剤。薬理作用は主としてカフェインに基づく。0.2〜0.5gを1日数回内服,または10%液1〜2mlを皮下注射劇薬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

安息香酸ナトリウムカフェイン

薬に含まれる成分のひとつ。合法薬物だが、眠気や疲労感を取る作用があり、昭和期には覚醒剤の代用品として使用されていた例もある。解熱鎮痛薬などに含有。通称「アンナカ」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安息香酸ナトリウムカフェイン
あんそくこうさんナトリウムカフェイン

アンナカ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる