コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安息香酸ナトリウムカフェイン あんそくこうさんナトリウムカフェイン

3件 の用語解説(安息香酸ナトリウムカフェインの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

安息香酸ナトリウムカフェイン【あんそくこうさんナトリウムカフェイン】

アンナカとも。カフェイン安息香酸ナトリウムとの塩複合体。興奮・強心・利尿剤。薬理作用主としてカフェインに基づく。0.2〜0.5gを1日数回内服,または10%液1〜2mlを皮下注射

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

安息香酸ナトリウムカフェイン

薬に含まれる成分のひとつ。合法薬物だが、眠気や疲労感を取る作用があり、昭和期には覚醒剤の代用品として使用されていた例もある。解熱鎮痛薬などに含有。通称「アンナカ」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安息香酸ナトリウムカフェイン
あんそくこうさんナトリウムカフェイン

アンナカ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安息香酸ナトリウムカフェインの関連キーワードアミノ安息香酸アンナカパラアミノ安息香酸安息香の木カフェインレスノンカフェインpヒドロキシ安息香酸安息香酸系除草剤クロロ過安息香酸メトキシ安息香酸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安息香酸ナトリウムカフェインの関連情報