コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安成貞雄 やすなり さだお

2件 の用語解説(安成貞雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安成貞雄 やすなり-さだお

1885-1924 明治-大正時代の新聞記者,評論家。
明治18年4月2日生まれ。安成二郎の兄。東京専門学校(現早大)在学中トルストイ研究会に参加,「火鞭(かべん)」同人となる。「二六新報」「万(よろず)朝報」の記者などをつとめ,大杉栄,荒畑寒村の「近代思想」などに評論を発表した。大正13年7月23日死去。40歳。秋田県出身。俳号は蕗台。著作に「文壇与太(よた)話」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安成貞雄

没年:大正13.7.23(1924)
生年:明治18.4.2(1885)
大正時代の評論家。秋田県生まれ。早稲田大学英文科卒。大正三奇人のひとりとして,酒,コカイン,ヨタリストなどの言葉が連想されるが,大館中学時代は俳句に頭角を現し(号路台),早稲田社会学会に属して平民社に出入りし,『火鞭』の同人であり,『近代思想』『新社会』などにかかわった犀利な批評家,翻訳家でもあった。しかし,職は各新聞社,実業之世界社などを転々とし,旺盛な読書力と優れた英語力をもって「学東西に亘り,識古今を貫き」と称したほどであったが,その才を生かしきれず終わった。主著『文壇与太話』。親友荒畑寒村の『悪友行状記』がよくその面影を伝える。

(堀切利高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安成貞雄の関連キーワード後藤宙外早稲田早稲田大学稲門会早稲女江間道助大久保鉄作寺岡峰夫中谷博森秀人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone