コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代思想 きんだいしそう

大辞林 第三版の解説

きんだいしそう【近代思想】

1912年(大正1)大杉栄・荒畑寒村によって創刊された社会主義文芸雑誌。月刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

近代思想【きんだいしそう】

文芸・思想雑誌。1912年10月―1916年1月。近代思想社発行。編集人は大杉栄荒畑寒村大逆事件によって一層厳しくなった社会主義運動の〈冬の時代〉の堅氷を打ち破るべく創刊。
→関連項目宮嶋資夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいしそう【近代思想】

大杉栄荒畑寒村によって1912年10月に創刊された思想・文芸誌。月刊。大逆事件後社会主義運動は〈冬の時代〉をむかえ,堺利彦らの社会主義者売文社に拠ってきびしい弾圧と経済的困窮に耐えつつ〈時機を待つ〉という態度をとるが,大杉らはそれにあきたらず,みずから時機をつくろうと発刊,〈運動史上の暗黒時代に微かながらも公然とあげた声〉(《寒村自伝》)となった。〈近代〉を冠した雑誌名としては日本最初で,名付け親である大杉の〈モダン〉さをいみじくも表していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近代思想
きんだいしそう

近代思想社発行の文芸、思想雑誌。1912年(大正1)10月~14年9月、15年10月~16年1月発行。大逆事件後のいわゆる「冬の時代」に、社会主義者の拠点として、大杉栄(さかえ)が編集兼発行人、荒畑寒村(あらはたかんそん)が印刷人となって発行した。堺利彦(さかいとしひこ)(貝塚渋六(じゅうろく))、高畠素之(たかばたけもとゆき)、土岐善麿(ときぜんまろ)(哀果(あいか))らが執筆し、マックス・スティルナー、クロポトキン、ウェデキントなどの思想を紹介して、大正中期から昭和にかけての人間観の変革の準備をなした。復刊後は、のちに労働者文学の代表となった宮嶋資夫(みやじますけお)を世に送り出した。雑報欄のエッセイ、文芸時評、書評なども、歯に衣(きぬ)きせぬ偶像破壊的な発言で文壇に新しい空気窓を設けようとし、初期『文芸春秋』の編集形態の先蹤(せんしょう)となった。[亀井秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近代思想の関連キーワードフィンレー(Moses I. Finley)ウィリアム・M. フレッチャーブトルス・アルブスターニーマハーニルバーナ・タントラムハンマド イグバールM.I. フィンレーグローバリゼーションB.K. マーシャルアミール・アリーアミール・アリー山崎正一(1)三酔人経綸問答五四文化革命リバイアサン山本 飼山宮嶋 資夫リオタールイクバール吉田 金重国体の本義

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代思想の関連情報