コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東菊子 あんどう きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東菊子 あんどう-きくこ

1827-1914 江戸後期-明治時代の歌人。
文政10年5月21日生まれ。安東貞美(ていび)の母。弘化(こうか)3年安東辰武の後妻となる。維新後,京都で高畠式部,大田垣蓮月らと交遊。明治8年上京し松波資之(すけゆき),鈴木重嶺(しげね)にまなび,大口鯛二(たいじ),三輪田真佐子と親交をむすんだ。大正3年8月27日死去。88歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓島地。本姓は島地。歌集に「山路の菊」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安東菊子の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィス第1次世界大戦カニング冬の旅ゴーブル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android