コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木重嶺 すずき しげね

美術人名辞典の解説

鈴木重嶺

歌人・国学者。幼名大之進・有定、号は翠園・緑堂・知足斎・兵庫頭等。江戸の人。村山素行和歌を学び、のち伊庭秀賢につく。勘定・吟味奉行を経て、佐渡奉行・兵庫頭となる。維新後、浜松県知事・相川県知事を務めた。明治初期歌壇の名家。従五位に叙される。明治31年(1898)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木重嶺 すずき-しげね

1814-1898 幕末-明治時代の武士,歌人。
文化11年6月生まれ。幕臣。鑓(やり)奉行,佐渡奉行などをつとめる。維新後,佐渡相川県権(ごんの)知事となる。国学,和歌を村山素行,伊庭秀賢(いば-ひでかた)にまなぶ。明治11年退官し,東京で鶯蛙吟社を組織した。明治31年11月26日死去。85歳。初名は有定。通称は大之進。号は翠園(すいえん)。著作に「志能夫具佐(しのぶぐさ)」「於よづれ言」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鈴木重嶺の関連キーワード安東菊子網野延平先光清風歌人

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android