安田章生(読み)やすだ あやお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田章生 やすだ-あやお

1917-1979 昭和時代後期の歌人,国文学者。
大正6年3月24日生まれ。安田青風の長男。昭和21年父と「白珠(しらたま)」を創刊。知的叙情をとなえ,中世和歌の精神を実作にいかそうとつとめる。樟蔭女子大教授,甲南大教授を歴任。53年「心の色」で短歌研究賞。昭和54年2月13日死去。61歳。兵庫県出身。東京帝大卒。歌集に「表情」,著作に「日本詩歌の正統」など。
【格言など】おのづからこころ閑(しづ)かに生きゆけば病ひある身は日月(じつげつ)長し(「安田章生全歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android