日月(読み)じつげつ

精選版 日本国語大辞典「日月」の解説

じつ‐げつ【日月】

[1] 〘名〙
太陽と月。ひつき。
※経国集(827)一四・奉和太上天皇青山歌〈惟良春道〉「雲雷兮吼怒 日月兮朝夕」 〔易経‐乾卦〕
② つきひ。としつき。歳月。光陰。
※懐風藻(751)和藤江守詠裨叡山先考之旧禅処柳樹之作〈麻田陽春〉「日月荏去、慈範独依依」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「無名の猫を友にして日月を送る江湖の処士」 〔書経‐泰誓〕
[2] 観世音菩薩の変化身で太陽の中に住むという「日天子」と、勢至菩薩の変化身で月の中に住むという「月天子」との併称。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「中央に日月(ジツゲツ)の二天子を表し、増長、広目、持国、多門の四天を録(しる)すもの也」
※雑俳・柳多留‐四九(1810)「日月の一構とて雲のうへ」

ひ‐つき【日月】

〘名〙
① 太陽と月。
常陸風土記(717‐724頃)筑波・歌謡「愛(は)しきかも 我が子孫(こ) 高きかも 神宮(かむみや) 天地の共(むた) 日月(ひつき)の共」
② 日数と月数。
万葉(8C後)二・一六七「朝ことに 御言問はさず 日月(ひつき)の 数多(まねく)なりぬれ」

にち‐げつ【日月】

〘名〙 太陽と月。また、つきひ。としつき。歳月。にちがつ。→じつげつ

にち‐がつ ‥グヮツ【日月】

〘名〙 =にちげつ(日月)落葉集(1598)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「日月」の解説

ひ‐つき【日月】

太陽と月。
「この照らす—の下は」〈・八〇〇〉
歳月。月日
「ひさかたの天知らしぬる君故に—も知らず恋ひ渡るかも」〈・二〇〇〉

じつ‐げつ【日月】

太陽と月。「日月星辰」
日や月の経過。つきひ。年月。歳月。「多年の日月を費やした研究」「日月を経る」
[類語](1天体/(2時間歳月年月としつき年月ねんげつ光陰月日星霜風霜

にち‐げつ【日月】

太陽と月。また、月日。年月。じつげつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「日月」の解説

【日月】にちげつ

日と月。〔史記、屈原伝〕上は(ていこく)をし、下は齊桓を(い)ふ。~の廣崇、治亂の條貫をらかにし、畢(ことごと)く見(しめ)さざる靡(な)し。~此のを推すに、日と光を爭ふと雖も可なり。

字通「日」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android