安田竹荘(読み)やすだ ちくそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田竹荘 やすだ-ちくそう

1807-1871 江戸後期-明治時代の医師。
文化4年生まれ。能登(のと)(石川県)の人。京都で小森桃塢(とうう),小石元瑞(げんずい)らに西洋医学をまなび,帰郷して開業安政のころ種痘の牛痘苗を能登につたえ,その普及につとめた。のち金沢藩校明倫堂の教官となる。明治4年1月4日死去。65歳。名は順成。通称は元蔵。別号に香島外史。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android