コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸恒実 あき つねざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸恒実 あき-つねざね

1662-1684 江戸時代前期の儒者。
寛文2年生まれ。土佐(高知県)の人。同郷の儒者谷秦山(じんざん)と親交があった。京都にでて,山田原欽(げんきん),勘解由小路(かでのこうじ)某とともに京都の三英才といわれた。貞享(じょうきょう)元年死去。23歳。通称は長三郎。著作に「魚斎論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安芸恒実の関連キーワードパスカル(Blaise Pascal)マサチューセッツ貞享江戸座シャンパーニュ伊丹勝長ビドルからくりボイル(Robert Boyle)三方五湖

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone