コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸恒実 あき つねざね

1件 の用語解説(安芸恒実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸恒実 あき-つねざね

1662-1684 江戸時代前期の儒者。
寛文2年生まれ。土佐(高知県)の人。同郷の儒者谷秦山(じんざん)と親交があった。京都にでて,山田原欽(げんきん),勘解由小路(かでのこうじ)某とともに京都の三英才といわれた。貞享(じょうきょう)元年死去。23歳。通称は長三郎。著作に「魚斎論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安芸恒実の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃菅仲徹菊池元春久代振濯周哲徳力有隣中村信斎深尾訒亭茂呂鼇岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone