コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸菖渓 あき しょうけい

1件 の用語解説(安芸菖渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸菖渓 あき-しょうけい

1848-1900 幕末-明治時代の俳人。
嘉永(かえい)元年生まれ。安芸荷青(かせい)の孫。安芸田面(たのも)の甥(おい)。江戸で昌平黌(しょうへいこう)にまなび,月廼本厳山の門で俳句をまなぶ。のち諸国を吟遊し,松島への旅で句集「松毬(ちちり)籠」をあんだ。明治33年3月21日死去。53歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。字(あざな)は恭定。通称は喜平。著作はほかに「俳諧(はいかい)袖筒」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安芸菖渓の関連キーワード浦香雨相羽仙夫雨宮越哉安東嶷北岡田竜吟織田風石河田寄三小島文器塩坪鶯笠間宮宇山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone