コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大膳 ダイゼン

デジタル大辞泉の解説

だい‐ぜん【大膳】

チドリ科の鳥。全長約30センチ。北極圏のツンドラで繁殖し、熱帯地方で越冬する。日本には春・秋に渡来し、海岸・河口干潟でみられる。
大膳職(だいぜんしき)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいぜん【大膳】

チドリ目チドリ科の鳥。全長30センチメートル 内外。夏羽の背面は灰白地に黒色の小斑があり、顔から腹にかけて黒色。冬羽では腹面の黒部が汚白色に変わる。干潟などに群れて生活する。日本には春・秋に旅鳥として渡来し、南日本では越冬するものも多い。
「大膳職」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大膳 (ダイゼン)

学名:Pluvialis squatarola
動物。チドリ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

大膳の関連キーワード新潟県佐渡市竹田堀川(北九州市)万里小路 正秀上野 季三郎中島 伝次郎皇居のかほり天皇の料理番膳司・膳職読人しれた平群清麻呂北小路俊孝北小路俊直北小路俊光高松保実交野時貞黒田騒動安芸貞俊安芸守家在原守平中山信治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大膳の関連情報