安藤 幸(読み)アンドウ コウ

20世紀日本人名事典の解説

安藤 幸
アンドウ コウ

明治〜昭和期のバイオリニスト 東京音楽学校教授。



生年
明治11(1878)年12月6日

没年
昭和38(1963)年4月8日

出生地
東京

旧姓(旧名)
幸田

学歴〔年〕
東京音楽学校(現・東京芸術大学)本科器楽部〔明治29年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和33年〕

経歴
ルドルフ・ディートリヒ、アウグスト・ユンケルらに師事、明治32年文部省留学生としてベルリンに留学、J.ヨアヒムに師事、36年帰国後、母校東京音楽学校教授となり、昭和7年まで後進を指導した。引き続き18年まで講師を務め、25年から東京芸術大学講師となった。この間、昭和7年にはウィーン国際音楽コンクール審査員を務め、17年芸術院会員、33年文化功労者に選ばれる。姉のピアニスト幸田延と共に、バイオリン界の草分けとして活躍した。幸田露伴の末妹。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

安藤 幸
アンドウ コウ


職業
バイオリニスト

肩書
東京音楽学校教授 帝国芸術院会員〔昭和17年〕

旧名・旧姓
幸田

生年月日
明治11年 12月6日

出生地
東京

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)本科器楽部〔明治29年〕卒

経歴
ルドルフ・ディートリヒ、アウグスト・ユンケルらに師事、明治32年文部省留学生としてベルリンに留学、J.ヨアヒムに師事、36年帰国後、母校東京音楽学校教授となり、昭和7年まで後進を指導した。引き続き18年まで講師を務め、25年から東京芸術大学講師となった。この間、昭和7年にはウィーン国際音楽コンクール審査員を務め、17年芸術院会員、33年文化功労者に選ばれる。姉のピアニスト幸田延と共に、バイオリン界の草分けとして活躍した。幸田露伴の末妹。

受賞
文化功労者〔昭和33年〕

没年月日
昭和38年 4月8日 (1963年)

家族
兄=郡司 成忠(海軍大尉・開拓者),幸田 露伴(小説家),幸田 成友(歴史学者),姉=幸田 延(ピアニスト)

伝記
幸田姉妹―洋楽黎明期を支えた幸田延と安藤幸 萩谷 由喜子 著(発行元 ショパン ’03発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

安藤 幸 (あんどう こう)

生年月日:1878年12月6日
明治時代-昭和時代のバイオリニスト。東京音楽学校教授
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android