コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤幸 アンドウコウ

3件 の用語解説(安藤幸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんどう‐こう〔‐カウ〕【安藤幸】

[1878~1963]女流バイオリニスト。東京の生まれ。幸田露伴の妹。ドイツに留学、ヨアヒムに師事。明治末から昭和初期にかけて洋楽指導に貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤幸 あんどう-こう

1878-1963 明治-昭和時代のバイオリニスト。
明治11年12月6日生まれ。郡司成忠(しげただ),幸田露伴,幸田延(のぶ),幸田成友(しげとも)の妹。明治32年ベルリン国立音楽学校に留学,ヨアヒムにまなぶ。帰国後,母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授。ピアニストの姉延とともに洋楽の先駆者のひとりとして活躍した。昭和17年芸術院会員。33年文化功労者。昭和38年4月8日死去。84歳。東京出身。旧姓は幸田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤幸

没年:昭和38.4.8(1963)
生年:明治11.12.6(1878)
明治後期から昭和戦前にかけ活躍したバイオリン奏者。東京生まれ。東京音楽学校(東京芸大)在学中から才能を認められ演奏会などで活躍。同校研究科を修了後,明治32(1899)年に欧州留学,ヨアヒムほかに師事した。36年の帰国後は同校教授を昭和7(1932)年まで続け,退官後10年間は同校講師。同7年秋から年末に日本人初の国際コンクール審査員となり再度の外遊をした。姉の幸田延と同様に多くの子弟を育てたほか,昭和天皇の皇后(皇太后良子)を教えたことが知られる。幸田露伴,郡司成忠は兄。明治38年に英文学者安藤勝一郎と結婚。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安藤幸の言及

【幸田露伴】より

…江戸の,代々幕府に仕えて有職故実にかかわったお坊主衆の家に生まれた。兄に千島探検家の郡司成忠,弟に歴史家の幸田成友,妹に音楽家の幸田延(のぶ),安藤幸(こう)などがいる。少年時から和漢の諸書を耽読し,独自の教養世界の土壌を培った。…

※「安藤幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安藤幸の関連キーワードバイオ石橋湛山上田耕甫演歌師元老政友会ミルクホール芳村伊十郎女優劇那須皓

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安藤幸の関連情報