コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤幸 アンドウコウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤幸 あんどう-こう

1878-1963 明治-昭和時代のバイオリニスト。
明治11年12月6日生まれ。郡司成忠(しげただ),幸田露伴,幸田延(のぶ),幸田成友(しげとも)の妹。明治32年ベルリン国立音楽学校に留学,ヨアヒムにまなぶ。帰国後,母校東京音楽学校(現東京芸大)の教授。ピアニストの姉延とともに洋楽の先駆者のひとりとして活躍した。昭和17年芸術院会員。33年文化功労者。昭和38年4月8日死去。84歳。東京出身。旧姓は幸田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤幸

没年:昭和38.4.8(1963)
生年:明治11.12.6(1878)
明治後期から昭和戦前にかけ活躍したバイオリン奏者。東京生まれ。東京音楽学校(東京芸大)在学中から才能を認められ演奏会などで活躍。同校研究科を修了後,明治32(1899)年に欧州留学,ヨアヒムほかに師事した。36年の帰国後は同校教授を昭和7(1932)年まで続け,退官後10年間は同校講師。同7年秋から年末に日本人初の国際コンクール審査員となり再度の外遊をした。姉の幸田延と同様に多くの子弟を育てたほか,昭和天皇の皇后(皇太后良子)を教えたことが知られる。幸田露伴,郡司成忠は兄。明治38年に英文学者安藤勝一郎と結婚。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の安藤幸の言及

【幸田露伴】より

…江戸の,代々幕府に仕えて有職故実にかかわったお坊主衆の家に生まれた。兄に千島探検家の郡司成忠,弟に歴史家の幸田成友,妹に音楽家の幸田延(のぶ),安藤幸(こう)などがいる。少年時から和漢の諸書を耽読し,独自の教養世界の土壌を培った。…

※「安藤幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安藤幸の関連キーワード杉山 長谷夫今井 慶松橋本 國彦兎束 龍夫滝 廉太郎杉山長谷夫井上 武雄鈴木鎮一安藤幸代昭和時代健康診断幸田 延草川 信安藤 幸上 真行高木卓没年

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤幸の関連情報