コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸田延 コウダノブ

4件 の用語解説(幸田延の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうだ‐のぶ〔カウだ‐〕【幸田延】

[1870~1946]音楽教育家・ピアノ奏者。東京の生まれ。露伴の妹。ウィーンに留学。明治・大正期の音楽界の中心的人物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸田延 こうだ-のぶ

1870-1946 明治-昭和時代前期のピアニスト,音楽教育家。
明治3年3月19日生まれ。幸田露伴の妹。安藤幸(こう)の姉。音楽取調所(のち東京音楽学校)の第1回卒業生。明治22年から欧米に留学。28年東京音楽学校(現東京芸大)教授となり,おおくの門下生をそだてる。44年審声会を創設,家庭音楽の普及につとめた。昭和12年芸術院会員。昭和21年6月14日死去。77歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

幸田延

没年:昭和21.6.14(1946)
生年:明治3.3.19(1870.4.19)
明治から昭和にかけてのバイオリン・ピアノ奏者。洋楽黎明期に活躍。東京生まれ。明治18(1885)年,音楽取調掛(東京芸大音楽学部)全科第1回卒業。同校初の海外留学後は教授活動が中心。バイオリン・声楽から,ピアノに転じ,多くの子弟を育て,皇室でも教えた。兄が幸田露伴と郡司成忠,妹はバイオリエストの安藤幸。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうだのぶ【幸田延】

1870~1946) 音楽家。東京生まれ。露伴の妹。音楽取調所(現東京芸大)一期卒。母校の教授を務め、女性初、楽壇最初の帝国芸術院会員となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幸田延の言及

【東京音楽学校】より

…彼は西洋音楽の正統な技術を伝え,その普及に大きな役割を果たし,94年帰国した。1889年,最初の政府派遣音楽専修生として幸田延(1870‐1946。音楽取調掛第1回卒業生)が6年間の海外留学に出発,帰国後,教授に就任した。…

※「幸田延」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸田延の関連キーワード近重真澄井上はな芝田忠五郎疋田桂太郎降矢芳郎星野太郎前田二平町田咲吉三木猪太郎村川堅固

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone