幸田延(読み)コウダノブ

  • こうだのぶ〔カウだ〕
  • 幸田延 こうだ-のぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1870-1946 明治-昭和時代前期のピアニスト,音楽教育家。
明治3年3月19日生まれ。幸田露伴の妹。安藤幸(こう)の。音楽取調所(のち東京音楽学校)の第1回卒業生。明治22年から欧米に留学。28年東京音楽学校(現東京芸大)教授となり,おおくの門下生をそだてる。44年審声会を創設,家庭音楽の普及につとめた。昭和12年芸術院会員。昭和21年6月14日死去。77歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:昭和21.6.14(1946)
生年:明治3.3.19(1870.4.19)
明治から昭和にかけてのバイオリン・ピアノ奏者。洋楽黎明期に活躍。東京生まれ。明治18(1885)年,音楽取調掛(東京芸大音楽学部)全科第1回卒業。同校初の海外留学後は教授活動が中心。バイオリン・声楽から,ピアノに転じ,多くの子弟を育て,皇室でも教えた。幸田露伴と郡司成忠,妹はバイオリエストの安藤幸。

(増井敬二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ピアニスト、音楽教育家。露伴の妹、安藤幸の姉。音楽取調所全科を卒業し、アメリカ、オーストリアに留学。帰国後、東京音楽学校教授として後進の育成に尽くす。芸術院会員。明治三~昭和二一年(一八七〇‐一九四六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の幸田延の言及

【東京音楽学校】より

…彼は西洋音楽の正統な技術を伝え,その普及に大きな役割を果たし,94年帰国した。1889年,最初の政府派遣音楽専修生として幸田延(1870‐1946。音楽取調掛第1回卒業生)が6年間の海外留学に出発,帰国後,教授に就任した。…

※「幸田延」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android