コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪市史 おおさかしし

百科事典マイペディアの解説

大阪市史【おおさかしし】

日本で最初に編纂に着手された市史。実証的・科学的な叙述は都市史の白眉(はくび)とされる。大阪研究の原典。1901年東京商科大学(現一橋大学)教授幸田成友(しげとも)を編纂主任として事業を開始。ドイツやイタリアなどの市史を参考に,官公庁・寺社・組合・古老古書店などから収集した史料を選択し,事件・事象を年次別に系列化した《大阪編年史料》を作成した。続いて執筆・編集に着手し,1915年に全5巻7冊1帙(ちつ)が完成した。1・2巻は上古から幕末に至る通史,3巻と4巻の上・下は大坂町奉行所の触書類,5巻は市制・地理・交通・金融・商業に関する代表的な史料を所載。ほかに索引1冊と付図1帙からなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪市史の関連情報