大阪市史(読み)おおさかしし

百科事典マイペディアの解説

大阪市史【おおさかしし】

日本で最初に編纂に着手された市史。実証的・科学的な叙述は都市史の白眉(はくび)とされる。大阪研究の原典。1901年東京商科大学(現一橋大学)教授幸田成友(しげとも)を編纂主任として事業を開始。ドイツやイタリアなどの市史を参考に,官公庁・寺社・組合・古老古書店などから収集した史料を選択し,事件・事象を年次別に系列化した《大阪編年史料》を作成した。続いて執筆・編集に着手し,1915年に全5巻7冊1帙(ちつ)が完成した。1・2巻は上古から幕末に至る通史,3巻と4巻の上・下は大坂町奉行所の触書類,5巻は市制・地理・交通・金融・商業に関する代表的な史料を所載。ほかに索引1冊と付図1帙からなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android