コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗像興氏 むなかた おきうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗像興氏 むなかた-おきうじ

?-1511 戦国時代の武将,神職。
宗像氏定の子。長享元年(1487)筑前(ちくぜん)(福岡県)宗像神社の大宮司(だいぐうじ)職をつぐ。大内義興(よしおき)に属して京都にいき,永正(えいしょう)8年8月船岡山での細川澄元軍との戦いで死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗像興氏の関連キーワードラファエッロマラッカ王国多国籍軍KADOKAWA足利義澄足利義晴愚神礼讃バザーリマラッカ吉田兼倶

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android