コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗像神社 むなかたじんじゃ

2件 の用語解説(宗像神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗像神社
むなかたじんじゃ

福岡県宗像市玄海に鎮座する元官幣大社。社殿は沖ノ島,大島および上記の3ヵ所にあり,それぞれ沖津宮 (祭神タゴリヒメノカミ) ,中津宮 (同タギツヒメノカミ) ,辺津宮 (同イチキシマヒメノカミ) と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むなかたじんじゃ【宗像神社】

福岡県宗像市、内陸の田島にある辺津へつ宮、陸地近くの大島にある中津宮、玄界灘のほぼ中央の沖島にある沖津宮の三宮の総称。祭神は市杵島姫命いちきしまひめのみこと・湍津姫命たぎつひめのみこと・田心姫命たごりひめのみこと。海上交通の要衝にあり、古くから朝野の信仰が厚い。宗像大社。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宗像神社の言及

【海人】より

…三島神社の祭神大山祇(おおやまつみ)神は,《古事記》によれば,薩摩半島笠佐岬付近にまつられたが,早く摂津淀川の中流の三島,伊予の大三島,さらに伊豆の白浜のち三島に移された。宗像系による宗像神社の分布も津々浦々に及び,住吉の神は長門,摂津,播磨などのほか全国的に広く勧請された。 長い歴史過程のなかで,海士と海女の分布にはかなりの変化があったと考えられる。…

※「宗像神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗像神社の関連キーワード福岡県福岡市西区今津福岡県福岡市早良区内野福岡県福岡市西区小戸福岡県福岡市東区勝馬福岡県福岡市西区小田福岡県福岡市博多区千代福岡県福岡市西区徳永福岡県福岡市中央区西中洲福岡県福岡市西区能古福岡県福岡市東区弘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗像神社の関連情報