コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗朗 しゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗朗 しゅうろう

?-1778 江戸時代中期の僧。
浄土真宗。安芸(あき)(広島県)本願寺派高林坊の住職。親鸞(しんらん)の教えを振興しようと「香山長語」「大経刪註」をあらわしたが,本山から異端と排斥された。安永7年7月19日死去。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。字(あざな)は若拙(じゃくせつ)。号は香山,岡水居士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗朗の関連キーワード浄土真宗

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android