コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗蔵 そうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗蔵 そうぞう

1694ごろ-1736 江戸時代中期の漂流民。
元禄(げんろく)7年ごろの生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の若潮丸乗組員。享保(きょうほう)13年嵐のため遭難しカムチャツカ漂着権蔵とともにモスクワをへてペテルブルグにおくられ,女帝アンナに謁見。元文元年科学アカデミーの日本語学校教師となり,同年9月18日同地で死去。43歳?宗左ともいう。ロシア名はコジマ=シュルツ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗蔵の関連キーワード五味可都里寂庵上昭歌原松陽

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗蔵の関連情報