宗谷真爾(読み)そうや しんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗谷真爾 そうや-しんじ

1925-1991 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年12月25日生まれ。小児科医のかたわら同人誌に作品を発表する。昭和37年女の一生をえがいた「なっこぶし」で農民文学賞,翌年「鼠浄土」で中央公論新人賞。ほかに短編集「王朝妖狐譚」,評論集「アンコール史跡考」など。平成3年4月22日死去。65歳。千葉県出身。慶大卒。本名は真。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android