コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定恵法親王 じょうえほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定恵法親王 じょうえほうしんのう

1156-1196 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の皇子。
保元(ほうげん)元年生まれ。母は坊門局(ぼうもんのつぼね)。仁安(にんあん)元年出家し,翌年一身阿闍梨(あじゃり),元暦(げんりゃく)元年摂津四天王寺別当となる。建久元年親王となり,同年園城寺(おんじょうじ)長吏。平等院宮,法輪院宮とよばれた。建久7年4月18日死去。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定恵法親王の関連キーワード後白河天皇

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android