コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定恵法親王 じょうえほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定恵法親王 じょうえほうしんのう

1156-1196 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の皇子。
保元(ほうげん)元年生まれ。母は坊門局(ぼうもんのつぼね)。仁安(にんあん)元年出家し,翌年一身阿闍梨(あじゃり),元暦(げんりゃく)元年摂津四天王寺別当となる。建久元年親王となり,同年園城寺(おんじょうじ)長吏。平等院宮,法輪院宮とよばれた。建久7年4月18日死去。41歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定恵法親王の関連キーワード後白河天皇

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android