疑似症(読み)ギジショウ

デジタル大辞泉の解説

ぎじ‐しょう〔‐シヤウ〕【疑似症】

真性の急性感染症によく似ているが、はっきりそうであるとは断定できないもの。「赤痢疑似症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

疑似症【ぎじしょう】

確定はしないが,ある伝染病の感染によると疑われる症状が認められた場合,これをその伝染病の疑似症という。伝染病予防法で疑似症として適用されるのはコレラペストに限られる。それ以外の伝染病の疑似症については都道府県知事が命令した場合にのみこの法律が適用される。
→関連項目伝染病予防法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android