宝生 弥一(読み)ホウショウ ヤイチ

20世紀日本人名事典の解説

宝生 弥一
ホウショウ ヤイチ

昭和期の能楽師(下掛宝生流ワキ方)



生年
明治41(1908)年7月2日

没年
昭和60(1985)年3月11日

出生地
愛媛県松山市

本名
宝生 弥一郎

旧姓(旧名)
光本

別名
前名=光本 弥一(ミツモト ヤイチ)

学歴〔年〕
法政大学専門部商科〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭優秀賞〔昭和45年〕,紫綬褒章〔昭和47年〕,芸術選奨文部大臣賞〔昭和48年〕「壇風」,日本芸術院賞〔昭和54年〕,松山市名誉市民

経歴
大正7年11歳の時、近代ワキ方の名人といわれた宝生新に弟子入りし、8年「小鍛冶」の大臣で初舞台。昭和8年宝生新の女婿となり、12年宝生に改姓。誠実、重厚な芸風により各流の主な演能には欠かせぬ存在で、29年から3回、楽訪欧団に参加している。また、国立能楽堂の能楽養成講師をつとめるなど後進の指導でも能楽界に貢献した。40年より日本能楽会会員、56年人間国宝。58年に芸術院会員となった。著書に「下掛宝生流謡本昭和決定版」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

宝生 弥一
ホウショウ ヤイチ


職業
能楽師(下掛宝生流ワキ方)

肩書
重要無形文化財保持者(能ワキ方)〔昭和56年〕,日本芸術院会員〔昭和58年〕

本名
宝生 弥一郎

旧名・旧姓
光本

別名
前名=光本 弥一(ミツモト ヤイチ)

生年月日
明治41年 7月2日

出生地
愛媛県 松山市

学歴
法政大学専門部商科〔昭和6年〕卒

経歴
父は宝生流ワキ方の光本敬一。大正7年11歳の時、近代ワキ方の名人といわれた宝生新に弟子入りし、8年「小鍛冶」のワキヅレで初舞台。9年「箙」で初ワキをつとめる。昭和8年宝生新の女婿となり、12年宝生に改姓。誠実、重厚な芸風により各流の主な演能には欠かせぬ存在で、29年から3回、能楽訪欧団に参加。兄弟子の松本謙三とともにワキ方の双璧といわれた。また、国立能楽堂の能楽養成講師をつとめるなど後進の指導でも能楽界に貢献した。40年より日本能楽会会員。56年人間国宝、58年に日本芸術院会員に選出された。代表的な舞台に「紅葉狩」「張良」「正尊」「花筺」など。著書に「下掛宝生流謡本昭和決定版」がある。

所属団体
能楽協会,日本能楽会

受賞
芸術選奨文部大臣賞(昭48年度)〔昭和49年〕「檀風」,日本芸術院賞(昭54年度)〔昭和55年〕 紫綬褒章〔昭和47年〕,勲五等双光旭日章〔昭和56年〕 芸術祭賞優秀賞〔昭和45年〕「卒塔婆小町」,松山市名誉市民

没年月日
昭和60年 3月11日 (1985年)

家族
父=光本 敬一(下掛宝生流ワキ方),長男=宝生 閑(下掛宝生流ワキ方)

親族
岳父=宝生 新(下掛宝生流10代目宗家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

宝生 弥一 (ほうしょう やいち)

生年月日:1908年7月2日
昭和時代の能楽師(下掛宝生流ワキ方)
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android