コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀風 ダンプウ

3件 の用語解説(檀風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんぷう【檀風】

謡曲。四番目五番目物宝生金剛喜多流太平記に取材。日野資朝(ひのすけとも)の子梅若が佐渡島で父のかたきの本間三郎を討ち、熊野権現の加護で無事に都へ帰る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんぷう【檀風】

能の一。作者未詳。四番目・五番目物。日野資朝の子梅若は、父の敵かたき本間三郎を、山伏帥阿闍梨そつのあじやりの助力で討ち、熊野権現の加護で無事に都に帰る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀風
だんぷう

能の曲目。四、五番目物。宝生(ほうしょう)・金剛(こんごう)・喜多(きた)流現行曲。1985年(昭和60)に観世(かんぜ)流も試演している。『太平記』による。佐渡配流の日野資朝(ひのすけとも)(ツレあるいは前シテ)のもとに、その子梅若(うめわか)(子方)が山伏・帥(そち)の阿闍梨(あじゃり)(ワキ)に伴われて訪ねてくるが、資朝はわが子を気遣うあまり、対面を拒否したまま刑死する。梅若は刑を執行した本間三郎(ワキツレ)を親の敵(かたき)と、これを殺害して逃走する。すでに船出した舟を山伏が祈ると、熊野権現(ゆやごんげん)(シテあるいは後シテ)が現れて風を変えて舟を引き寄せ、無事梅若を都に送り返す。劇的な展開が、神の霊験(れいげん)で締めくくられる異色の能。ワキ方の重い習いで、とくに死骸(しがい)を供養する場面に特色がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

檀風の関連キーワード喜多七太夫(九代目)一番目物喜多鬼畜物車僧五番目物祝言能昭君輪蔵初番目物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone