コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本芸術院 にほんげいじゅついん

5件 の用語解説(日本芸術院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本芸術院
にほんげいじゅついん

美術,文芸,音楽,演劇などの芸術上の分野において功績顕著な芸術家を優遇顕彰するための栄誉機関で,文化庁特別の機関。 1919年美術審査委員会を解消して設けられた帝国美術院を母体とし創設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐げいじゅついん〔‐ゲイジユツヰン〕【日本芸術院】

芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関。文化庁の所管。昭和22年(1947)帝国芸術院から現名に改称。第一部美術、第二部文芸、第三部音楽・演劇・舞踊に分かれ、会員は終身で120名以内。毎年、芸術に貢献した者に恩賜賞日本芸術院賞を授与する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本芸術院【にほんげいじゅついん】

芸術院と通称。功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関。文部省に付置。1919年創設の帝国美術院(1937年帝国芸術院と改称)を母体にし1947年設置。芸術に関する重要事項を審議し,文部大臣に建議する権限をもつ。
→関連項目芦原義信上村松篁日本芸術院賞文化庁村上三島山本健吉淀井敏夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんげいじゅついん【日本芸術院】

文部大臣の管理下にある芸術奨励機関。1947年に帝国芸術院は日本芸術院に改名されたが,49年7月23日,新たに日本芸術院令が制定された。この政令は,院を芸術上の功績が顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関とし,芸術に関する重要事項を審議し,芸術の発達に寄与する活動を行うことを目的とし,文部大臣や文化庁長官に建議することができる,としている。そして毎年,卓越した芸術作品,芸術の進歩に貢献したと認められる者に授与する恩賜賞と日本芸術院賞に関することも重要な事項になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本芸術院
にほんげいじゅついん

芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関で、文部科学省の外局である文化庁が所管する。院長のほか会員100人余で組織され、第一部(美術=定員56)、第二部(文芸=定員37)、第三部(音楽・演劇・舞踊=定員27)に分かれている。会員は終身制で年金が支給され、新会員は部会の推薦によって文部科学大臣が任命する。
 1907年(明治40)に発足した文部省美術展覧会(文展)の美術審査委員会がその母体で、19年(大正8)新たに帝国美術院を設立、森鴎外(おうがい)を院長に美術家13名を会員に任命した。37年(昭和12)には帝国芸術院となり、文芸・音楽・演劇の分野に会員を増やし、第二次世界大戦後の47年(昭和22)に日本芸術院と改称された。その美術部門は57年まで帝展・文展に引き続き日本美術展覧会(日展)を運営し、官展の主催者として美術界に大きな影響を与えた。1941年から芸術奨励のため功績のあった者に毎年日本芸術院賞を贈ることが定められ、49年以降は、そのもっとも優れた者に日本芸術院恩賜賞が贈られている。東京都台東(たいとう)区上野公園1-30にある。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本芸術院の言及

【官展】より


[第2次大戦後]
 1946年3月,文部省は第1回日本美術展覧会(日展)を開催して官展を復活させた。47年に帝国芸術院は日本芸術院に改まり,翌48年の第4回日展は芸術院が主催し,従来の4部に書を加えて5科制とした。しかし純然たる官営の展覧会はこの回で終わり,49年から日本芸術院と日展運営会の共同主催となり,58年からは社団法人日展の運営となっている。…

※「日本芸術院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本芸術院の関連キーワード保護観察所私船支部帝国学士院帝国美術院文部卿専売局文相文部科学大臣文部大臣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本芸術院の関連情報