コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実翁聡秀 じつおう そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実翁聡秀 じつおう-そうしゅう

?-1371 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉建長寺の葦航道然(いこう-どうねん)の法をつぐ。元(げん)(中国)にわたり,帰国後,鎌倉浄妙寺,建長寺の住持となる。貞治(じょうじ)のころ下野(しもつけ)(栃木県)に長福寺をひらいた。応安4=建徳2年3月27日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実翁聡秀の関連キーワード南北朝時代松嶺道秀臨済

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android