実融(読み)じつゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実融 じつゆう

1250-1339 鎌倉-南北朝時代の僧。
建長2年生まれ。真言宗。泉涌(せんにゅう)寺の智鏡,東大寺戒壇院の円照,勝鬘(しょうまん)院の円珠らに律や密教を,尊勝院宗性(そうしょう)に華厳(けごん)をまなぶ。高野山安養院の頼賢から灌頂(かんじょう)をうけ,嘉元(かげん)2年(1304)金剛三昧院の長老となった。暦応(りゃくおう)2=延元4年1月15/19日死去。90歳。京都出身。俗姓は藤原。法名ははじめ静空。字(あざな)は満月。号は証道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android