実詮(読み)じっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実詮 じっせん

1663-1740 江戸時代前期-中期の僧。
寛文3年生まれ。真言宗。江戸霊雲寺の浄厳(じょうごん)に密教をまなぶ。倶舎(くしゃ),唯識,華厳(けごん)にも通じ,華厳宗鳳潭(ほうたん)との論争は十数年におよんだ。河内(かわち)(大阪府)延命寺,のち京都清水寺の光乗院ですごした。元文5年3月10日死去。78歳。字(あざな)は真教,真暁。号は極喜堂。著作に「大日経教主義」「秘密灌頂印言義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android