コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実詮 じっせん

1件 の用語解説(実詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実詮 じっせん

1663-1740 江戸時代前期-中期の僧。
寛文3年生まれ。真言宗。江戸霊雲寺の浄厳(じょうごん)に密教をまなぶ。倶舎(くしゃ),唯識,華厳(けごん)にも通じ,華厳宗の鳳潭(ほうたん)との論争は十数年におよんだ。河内(かわち)(大阪府)延命寺,のち京都清水寺の光乗院ですごした。元文5年3月10日死去。78歳。字(あざな)は真教,真暁。号は極喜堂。著作に「大日経教主義」「秘密灌頂印言義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

実詮の関連キーワード東湖後藤清乗(2代)後藤通乗下村堤亭千田玄智馬場春水三谷永伯山本春正(3代)友我弓場弾右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone