コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実需原則 じつじゅげんそく real demand principle

1件 の用語解説(実需原則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実需原則
じつじゅげんそく
real demand principle

円相場の安定をはかるため外国為替銀行が居住者との間で行う先物為替取引は,実需に基づくものであるという原則。また非居住者との間の先物取引は投機を目的としないという外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) に定められていた規制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の実需原則の言及

【外国為替】より

…この直物持高のうち,いつでも外貨資金として利用できる外貨預金や外貨現金のポジションを現金持高cash positionという。 実需原則日本の対外貿易取引は外貨建ての割合が多いため,為替相場の安定が国民経済にとって重要であることから,為替管理法上,日本の居住者(銀行の顧客)が先物為替取引を行う場合には,それが〈実体的な経済取引(裏付け取引)から生じる〉外国為替の売買でなければならないとしていた(1984年4月廃止)。これを実需原則という。…

※「実需原則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

実需原則の関連キーワード外国為替公認銀行為替のカバー為替のマリーインターバンク・レート為替銀行出合相場インターベンション(Intervention)介入(Intervention)市場介入(Intervention)外国為替銀行法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone