コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣和遺事 せんないじ

2件 の用語解説(宣和遺事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣和遺事
せんないじ

「大宋宣和遺事 (だいそうせんないじ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣和遺事
せんないじ

中国の実録文学。正式には『大宋(だいそう)宣和遺事』と称する。北宋の歴史を、国政は糜爛(びらん)し、奸臣(かんしん)のはびこる徽宗(きそう)朝と、引き続く徽・欽(きん)二帝が金(きん)により北辺に捕虜となったできごとに重点を置いて述べ、高宗の南渡をもって全編を締めくくっている。元(げん)初の刊本が現存し、宋代の講釈師の種本かと推定されているが、口語を交えてはいるものの文語の比率が高く、このままではとても聴衆に理解されたとは思えない。『三国志平話(へいわ)』などとはこの面でいささか性格を異にする。題名の宣和は徽宗の年号で、この7年間の史書にみえない記載(遺事)が全体の3分の1以上を占めている。なかでも『水滸伝(すいこでん)』の宋江(そうこう)ら36人の名や、そのいくつかの物語が記されており、『水滸伝』成立史の源頭近くにたつものとして注目されている。[大塚秀高]
『神谷衡平訳『大宋宣和遺事』(『中国古典文学全集7』所収・1958・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone